活動の歴史 / History of activitys

活動の歴史

<設立について>

国連NGOs日本チャリティ基金支援機構の設立は、昭和53年10月18日に205、370、000円の基本財産で財団法人長澤科学育英財団長澤弘明会長を中心に設立され、日本の子ども達の支援のほか世界の貧困な国の支援と被災された国の支援を目的として昭和55年8月15日に国連NGOs日本チャリティ基金支援機構として設立活動を始めました。

活動について

<奨学金制度>

国内の活動としては、東京都北区中里3-22-3-201に本部を置き、毎年10名から20名の奨学金(返還なし)を設立から平成24年まで支給しており、海外には17カ国に及ぶ学校設立支援、教材支援、被災地支援を行ってきました。

近年の支援

<東日本大震災支援>

岩手県、福島県、宮城県の支援を行いました。

<ネパール震災支援>

ネパール支援として寄付金及びテント1500を支援いたしました。